臼田あさ美の画像と情報
記事の内容

ぽろりと成功の秘密を。高岡早紀や佐々木希、EXILEは...
^ 2008/05/26




↓成功の秘密は、ここをクリック(無料)↓ http://www.drmaltz.jp/booklet/index.php?jvcd=13615 成功ストーリー 高岡早紀(たかおかさき、Takaoka Saki)は幼少期からクラシックバレエを習うい、雑誌『セブンティーン』モデルとしての活動や、ミスマガジンでのグランプリ受賞をし成功の機賭けをつかんだ。その後、岡田眞澄と共演した「マドラス」のTVCMなどを経て、ビクターレコードより『真夜中のサブリナ』で歌手デビュー。当時メディア露出を極端に少なくし、神秘性を持ったアイドルとしてセールス戦略が功を奏した。『cfガール』で映画デビューし、また、「フレンチロリータ」をコンセプトにしたファーストアルバム『Sabrina』を発売。映画『バタアシ金魚』で女優業に進出し、一方、テレビドラマ『びんた』、『いつか誰かと朝帰りッ』などで演じるごく普通の女子高生役や、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』、『オールスター水泳大会』などのバラエティ番組にも出演するなど、アイドル路線での活動も行いながら堀越高校を卒業(同級生は石田ひかり、小高恵美など)した。映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で、その豊満な乳房を惜しげもなくさらし、日本映画史に名を残した。篠山紀信撮影のヘアヌード写真集『one、two、three』を出版。張りのある巨乳と対照的に、すんなり長く細い脚や、逆三角形に茂った毛足の長い陰毛を披露し、ヘアヌード写真集の最高峰との評価も受けた。テレビコマーシャルで放映された「アパガード」(サンスター)のCMでは、俳優の東幹久と共演し、「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズを流行させる成功の階段を歩んだ。 佐々木希(ささきのぞみ、Sasaki Nozomi)は、ヤングジャンプギャルコン2005グランプリをきっかけに、プリンセスPINKY グランプリを受賞し、カバーガール、単独表紙を飾り成功の階段を上り始めた。憧れの芸能人が木村佳乃を目標に女優での成功を目指している。 Superfly(スーパーフライ)は、大学の軽音楽サークルで知り合い、でフィンガー5のコピーバンドから始まる。その後Superflyを結成し、ブルースバンドを前面に押し出したオリジナル楽曲を演奏し始めた。活動の場を東京に移した後、インディア・アリーの渋谷AXの公演において、オープニングアクトを担当した。シングル『ハロー・ハロー』をWARNER MUSIC JAPANより発売し、デビューし、テレビ朝日系『ミュージックステーション』春うた3時間スペシャルの「Young Guns Spring Fes'07」コーナーで同番組に初出演し「ハロー・ハロー」を演奏する。同番組のスペシャルにおいてデビュー直後の新人が出演するのは異例のことを成し遂げ成功のステップを歩み始めた。2枚目のシングル『マニフェスト』を発売。楽曲「愛と感謝」がJAPAN FM LEAGUEが主催する『Power Of Music』のキャンペーンソングに起用される。同曲は10月3日から配信限定曲として配信開始した。多保孝一が同日付でコンポーザー・アレンジャーへ転向することを発表後、越智のみのソロユニットとして活動を継続することになる。JETとコラボレーションしたユニットSuperfly×JET名義で3枚目のシングル『i spy i spy』を発売。日産・キューブのCMソングに起用され、CUBE LOVES MUSICレーベルよりリリースされる。全国5か所での初のワンマンツアー『Superfly 2007 Hellow, We Love You』を行った。伊東美咲主演のTBS系ドラマ『エジソンの母』の主題歌となる4枚目のシングル『愛をこめて花束を』を発売。ドラマ主題歌に楽曲が起用されるのは初。au『LISMO』キャンペーンソングとなる5枚目のシングル『Hi-Five』を発売。初のアルバム『Superfly』を発売。アルバムの発売を記念して代々木公園にてフリーライブ(MUSIC ON! TV『ASAHI SUPER DRY The LIVE』にて生中継)を行った。自身初のオリコンチャート1位を記録し着実に成功の道を歩んでいる。 EXILE(エグザイル、中国名、放浪兄弟)は、ダンスグループ(DG)「ZOO」のメンバーだったHIROが、ボビー・ブラウンに命名されたDG「JAPANESE SOUL BROTHERS」を結成。その後「BABY NAIL」等で活動していたMATSU、USA、MAKIDAI、RYUZY、NORIが加入。HIROを中心にパフォーマーMATSU、USA、MAKIDAI、ヴォーカルSASAの5人で「J Soul Brothers」を結成。前ヴォーカルSASAの脱退、ASAYAN出身のボーカルATSUSHIと地元テレビ局のコンテストで優勝したSHUNの新加入を経て、「放浪者」の意味を持つ「EXILE」と改名。CLUB ATOMにて「SASA FINAL LIVE& ATSUSHI, SHUN FIRST LIVE at ATOM」を行った。J Soul Brothersとしては最後となり、EXILEが初めて世に出たイベントであり成功のきっかけとなった。『Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜』を初出ししたのもこのイベントである。デビューシングル『Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜』を発売。オリコン最高4位、累計25.0万枚を記録。この楽曲はEXILEのために書き下ろされたものではないが、諸事情により[要出典]EXILEが担当することになり天も成功の手助けをする。2枚目のアルバム『Styles Of Beyond』を発売し、初のオリコンチャート1位を獲得する。SHIBUYA AXにて『EXILE LIVE TOUR 2003 "Styles Of Beyond"』を開催した。会社設立以来、初となるビッグイベントだということだったが、当時、2時間を超えるライブは初めてで、SHUNが歓声で音を取り損ねたり、MAKIDAIが足を痛めるハプニングなどが続出した。「Together」を初披露したものこのライブであり、これも成功の糧となっている。8枚目のシングル『Breezin'〜Together〜』の発売では36.7万枚をセールス、オリコン最高2位を記録。ZOOのヒット曲『Choo Choo TRAIN』をカバー、リリースしリバイバルヒット。この曲が含まれた3枚目のアルバム『EXILE ENTERTAINMENT』がミリオンセラーとなり、同曲で「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしている。『EXILE LIVE TOUR 2004 EXILE ENTERTAINMENT』を開催。これは、EXILEとしては初となるアリーナツアーで、最終公演は横浜アリーナにて行った。15枚目のシングル『real world』を発売。自身初のオリコンシングルチャート1位を記録。ミュージカル「HEART of GOLD〜STREET FUTURE OPERA BEAT POPS〜」の企画段階から携わり主演した。初のベストアルバム『SINGLE BEST』・『SELECT BEST』・『PERFECT BEST』発売では出荷枚数200万枚突破。GLAYとのコラボレーションにより、GLAY×EXILE名義で『SCREAM』を発売。オリコン1位を獲得、同年の年間シングルセールスチャートでも5位を獲得。19枚目のシングル『ただ...逢いたくて』を発売。『real world』以来1年5ヶ月ぶり2作目のオリコンシングルチャート1位を獲得、自身最大の56.2万枚をセールス。年間シングルセールスチャート第6位。初のカウントダウンライブ、『COUNTDOWN LIVE 2005- 2006』を幕張メッセにて開催。その模様は札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡の全国5箇所の会場に衛星生中継で配信された。20枚目のシングル『YES!』を発売。アルバム『ASIA』からの先行シングルでありながら、『ただ...逢いたくて』に引き続き2作連続通算3作目のオリコン1位を獲得。 SHUNを加えた6人では最後のシングルとなった。参加者約1万人に及んだオーディション「EXILE Vocal Battle Audition 2006〜ASIAN DREAM〜」を制したTAKAHIRO(オーディションには本名「田?敬浩」で出場)が新ヴォーカリストとして加入。7人組ユニットとなる。長年交流のあった倖田來未とコラボレーションし、『WON'T BE LONG』をEXILE&倖田來未名義で発売。着うたが100万ダウンロードを達成。週間最高順位2位。23枚目のシングル『道』発売では、オリコン週間シングルチャートにてオリコン史上1000曲目の1位獲得。「EXILE LIVE TOUR 2007 EXILE EVOLUTION」終日の東京ビッグサイトでの公演にナインティナインの岡村隆史がゲスト出演した。6枚目のアルバム『EXILE LOVE』発売。オリコン週間チャート初登場1位を獲得し、ミリオンセールスを記録。自身最大のヒットとなる。3年ぶり3回目の『NHK紅白歌合戦』に出場。「Lovers Again~紅白バージョン~」を披露。ベストアルバム『EXILE CATCHY BEST』発売。発売初日にして出荷枚数100万枚を突破。これが成功の道程の一部である。 http://www.drmaltz.jp/booklet/index.php?jvcd=13615 他にも注目したい成功者がいる。サザンオールスターズは成功し続けているグループで、これからの成功の次のステップに進むことになる。成功者は限りなくいる、ここでは今、注目したい成功者の名前だけでも挙げておく。 宮崎ますみ 上地雄輔(かみじゆうすけ) 水川あさみ(みずかわあさみ) ともさかりえ 佐藤健(さとうたける) 市原隼人(いちはらはやと) 中川翔子(しょこたん) 石川加奈子(いしかわかなこ) 梨花(りんか) 杉浦太陽(すぎうらたいよう) B'z 嵐 羞恥心(しゅうちしん) 大泉洋(おおいずみよう) 伊藤蘭(いとうらん) 東方神起(とうほうしんき) 加護亜依(かごあい) 野間口貴彦(のまぐち たかひこ) 水谷豊(みずたにゆたか) 水森かおり(みずもりかおり) 土屋アンナ(つちやあんな) 押切もえ(おしきりもえ) 夏川結衣(なつかわゆい) 武田久美子 (たけだくみこ) ビビアン・スー 安めぐみ(やすめぐみ) ほしのあき 叶美香(かのうみか) 綾瀬はるか(あやせはるか) かたせ梨乃(かたせりの) 上戸彩(うえとあや) 倉科カナ(くらしなかな) 臼田あさ美(うすだあさみ) 黒木瞳(くろきひとみ) 小橋めぐみ(こばしめぐみ) 武田久美子(たけだくみこ) 水樹奈々(みずきなな) 宇多田ひかる(うただひかる) 川島なお美(かわしまなおみ) aiko(あいこ) 押尾学 鈴木亜美 石橋凌 ジョン・ウー トニー・レオン 彼らは、芸能界での成功者の一部だ。 彼らは意識していなくとも、成功の秘密を知っている。 http://www.drmaltz.jp/booklet/index.php?jvcd=13615

<臼田あさ美ってさぁ 20080520〜明石家さんまは面...
臼田あさ美>

オススメサイト

日刊 真木よう子
無料画像検索はモバガー
徳澤直子
嘉門洋子
オグシオ

トップページ
記事の一覧
このページの先頭へ
w このページを友達に紹介